岸優太はエコでオシャレ!高校の偏差値や身長、兄妹等プロフィール

sponsored Link

ジャニーズJrの岸優太君

とっても優しくて、人だけでなく地球にもエコだって知ってましたか?

実はとってもオシャレさんのようですよ^^

女の子の方が多いちょっと羨ましい高校の偏差値は?

岸優太君の身長や兄妹の有無など、プロフィールもご紹介

 

岸優太君はとっても優しくエコでオシャレ!

エコ

 

「近キョリ恋愛〜Season Zero〜」では、主要な人物「鮎川奏多」も演じた岸優太君

新年1月からは、日本テレビで放送の深夜ドラマ「お兄ちゃん、ガチャ」で遂に主演デビュー^^

ジャニーズJrから、少しずつ俳優として独り立ちを始めた印象ですね。

鈴木梨央ちゃん演じる、雫石ミコの理想のお兄ちゃんになれるかな^^

性格はちょっと天然なところもあるようですが、いい意味でのヤンチャ!

元気で明るい性格なんです。

周りのみんなも巻き込んで笑わせたり、明るい雰囲気を作るのが得意なようです。

そして何より優しいんですよ^^

人に対しても優しい性格は、雫石ミコの理想のお兄ちゃんにピッタリなんじゃないでしょうか!

岸優太君が優しいのは、人に対してだけじゃないんです。

環境や地球にも優しく、いろいろエコにも気を配っているようです^^

ポイ捨てなんて絶対せずに、資源はきちんと分別して捨てたりするそうです。

そして岸優太君はなかなかオシャレ

周りの人からはあまりオシャレなようには見られないそうですが、本人は結構オシャレに気を配っているそうです^^

今の岸優太君のお気に入りは革ジャン

何故か、夏に革ジャンを買ったそうですが、気に入って毎日来ているようです。

ってか!毎日同じものを着ているからオシャレに思われないんじゃないの(^^;;

 

岸優太君の通っていた高校と偏差値

埼玉県立大宮光陵高等学校

 

岸優太君は埼玉県出身

高校も埼玉県内の高校に通っていました。

高校の名前は「埼玉県立大宮光陵高等学校」

普通科の他に、外国語コースや、音楽科、美術科、書道科等があるようです。

書道科なんてちょっと珍しいですよね!

岸優太君が何科に通っていたかまでは分かりませんでした。

でも現在のジャニーズJrという職業を考えると、音楽科かな?って思いませんか?

大宮光陵高等学校の特徴に男子生徒と女子生徒の比率が挙げられます。

なんと現在の在校生997名中男子生徒が258名女子生徒が739名

男子生徒に対して、女子生徒の人数が2.86倍という男子生徒にとってはハーレムのような学校(笑)

ましてや岸優太君の様なイケメンなら、超人気者だったはず。

何だか彼女の影が見えませんか(^^;;

でも、もしかすると女の子が居過ぎて、一人に絞れず特定の彼女がいなかったってことも考えられますよね^^

大宮光陵高等学校の偏差値は科によって違いますが、普通科で「57」くらいだそうです。

大学進学を目指すならまあまあといったところではないでしょうか。

ただ岸優太君は芸能活動を優先して、大学進学はしなかったようで、最終学歴は高校卒ですね。

 

岸優太君の身長や体重、兄妹の有無などプロフィール!

sponsored Link

 

ジャニーズJrのメンバーは、まだ公式にWikipediaなどへの情報が圧倒的に不足しています。

そのため詳しいプロフィールを探している方もいるのではないでしょうか?

なので、岸優太君の身長や体重といったデータや、兄妹などの有無についても記載していきますね。

岸 優太(きし ゆうた)

生年月日:1995年9月29日(19歳)

出身地:埼玉県

血液型:A型

身長:167cm

体重:48Kg

靴のサイズ:26.5cm

身体数値はまだまだ成長過程なので、あくまで参考ということで(^^;;

家族構成:お父さん、お兄さん(2歳年上)、妹(3歳年下)

趣味:音楽を聴くこと、釣り

特技:料理

へぇ~、料理ができるんだ^^

入所日:2009年7月20日

何だか、歯磨き粉をコレクションしているみたいですよ^^;

好きな色はピンク

好きな季節はだそうです。

元気いっぱいの岸優太君にはピッタリの季節ですね!

仲の良いJrメンバー:岩橋玄樹、倉本郁、羽生田拳武、神宮寺勇太

神宮寺勇太君の詳細はこちら

 

ということで、今回はジャニーズJrでの活躍もさることながら、俳優としても成長著しい期待の岸優太君について、プロフィールなどをご紹介してきました。

2015年はいよいよ20歳になる岸優太君

更なる活躍が期待できそうですね^^

それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ