北陸新幹線にドクターイエロー登場!開業前試乗会の倍率と当選確率

sponsored Link

2015年3月14から新たに長野駅-金沢駅間が開業する北陸新幹線

運賃や特急料金も認可が降りて、着々開業の準備が進んでいるようです。

線路や架線の状態を点検するドクターイエローもそろそろ登場し、点検運転を始めるのでは?

ドクターイエローは、定期ダイヤがないので巡りあうことが非常に少ない列車

なので、過去の運転日から、2015年1月の運行日を予想してみます。

 

北陸新幹線が益々便利に!

北陸新幹線

 

北陸新幹線は名前の通り、日本海側の北陸を回って、東京都と大阪市を結ぶ計画の整備新幹線

これまでに、東京駅と長野駅間が1997年に部分開業しています。

正確には北陸新幹線としての区間は、群馬県の高崎駅から長野駅間で、東京駅から埼玉県の大宮駅までは東北新幹線、大宮駅から高崎駅までは上越新幹線区間です。

そこに新たに、長野駅から金沢駅間が開業し、運行が始まります。

そうすると、JRの新幹線運行上は、東京駅-金沢駅間は北陸新幹線となります。

現在のところ、実際には北陸までの営業に至っていなかったので「長野新幹線」とも呼ばれていました。

しかしようやく2015年3月14には、長野駅と北陸金沢駅が結ばれ、文字通り「北陸新幹線」として運転が開始される予定です。

北陸がより身近になって、富山県や石川県への経済効果も相当期待できるでしょうね^^

運行が始まると、東京-金沢間は2時間28分で結ばれる予定です。

参考までに、Yahoo!ニュースさんに掲載されていた乗車料金も載せておきます^^

今回認可されたのは普通車自由席・立席特急料金の上限。主な区間の料金の上限は東京~上越妙高間(営業キロ281.9km)が3680円、東京~富山間(391.9km)が5730円、東京~金沢間(450.5km)が6260円、長野~金沢間(228.1km)が4440円になる。

特急料金以外の各種料金や運賃を加えた場合の合計額(大人・普通車指定席・通常期)は、東京~上越妙高間が9280円(運賃5080円・料金4200円)、東京~富山間が1万2730円(運賃6480円・料金6250円)、東京~金沢間が1万4120円(運賃7340円・料金6780円)。現在の上越新幹線と在来線特急『はくたか』(越後湯沢乗換え)のルートは東京~金沢間が1万3050円(運賃7770円・料金5280円)で、それより1070円高い。

こちらの料金部分はこのサイトから引用

⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141217-00000018-rps-soci

 

北陸新幹線にもドクターイエローが登場!

ドクターイエロー

 

ドクターイエローと呼ばれる鉄道車両をご存知でしょうか?

見た目は普通の新幹線と同じです。

ただ車体の色は、名前の通りイエロー(黄色)で、非常に目立ちます^^

ドクターイエローの正式名称は「新幹線電気軌道総合試験車」といいます。

何だか難しそうな名前ですね(^^;;

要するには、走りながら線路や架線に異常がないかを点検する、鉄道のお医者さん

だからドクターイエローなんですね^^

別名、幸せを呼ぶ黄色い列車とか言われています。

めったに見れない神出鬼没の列車なので、見れたらラッキーということで付けられた名前のようです。

黄色い色をしているのは、以前から保守点検用の車両が、夜間の作業でも目立つようにと黄色に塗られていたこと。

また、通常の営業運転車両と明確に区別して、お客さんが間違って乗車しないようにとの配慮です。

ドクターイエローは、通常営業の新幹線と同じスピードで走りながら、線路の僅かな歪みや、架線の損傷状態、信号電流などを検測できる秘密兵器!

まさにハイテク王国、日本ならではのスーパーマシンですね^^

このドクターイエローが、いよいよ北陸新幹線にも登場し、営業運転開始前の線路の点検などを開始するようです。

北陸新幹線に登場するドクターイエローは「923形」

その他にもJR東日本が所有するEast i(イーストアイ)と呼ばれる白地に赤いラインの入ったE926形は一足早く登場し、運用が開始されているそうです。

East i

ドクターイエロー自体が、定期ダイヤがないので神出鬼没で、目撃できるチャンスが非常に少ない列車です。

それが、「923形」と「E926形」が同時に横並びに停車するようなことがあれば、鉄道ファンにとってはたまらない写真が撮れるのではないでしょうか^^

 

北陸新幹線の開業前試乗会と当選倍率

sponsored Link

 

2015年3月14日の北陸新幹線開業を前に、事前試乗会があるのをご存知でしたか?

この試乗会は、長野駅と金沢駅間の新規開業区間で実施されるものです。

長野駅を出発し、金沢駅で折り返し長野駅に戻る往復のパターン

逆に金沢駅発、長野駅着で、金沢駅へ戻る往復のパターンの2種類があります。

期日は、2015年2月7日(土)と、2月8日(日)

それぞれ各日に1回ずつの試乗会が予定されていて、長野駅発のパターンと金沢駅発のパターンで、合計4回の試乗会が計画されています。

定期運行ダイヤではないので正確な時間は現時点では不明です。

ただ、予定時刻として掲載しておきます。

2月7日(土)

長野駅発 :10:40予定
長野駅帰着:13:30予定

金沢駅発 :10:00予定
金沢駅帰着:13:00予定

2月8日(日)

長野駅発 :10:40予定
長野駅帰着:13:30予定

金沢駅発 :10:20予定
金沢駅帰着:13:20予定

運行予定の車両はJR東日本のE7系
もしくはJR西日本のW7系が使用されます。

この「E7系」と「W7系」はほぼ同様の仕様です。

JR東日本の車両はEAST

JR西日本の車両はWEST

の頭文字をつけて区別しているのですね^^

募集人員は各回700名ずつで、合計2800名

その内、各回640名分は「親子限定車両」枠になっています。

申し込み代表者の大人と子供を含んだ2名~4名で応募できます。

どちらかと言えば子供たちに楽しんでもらおうという企画ですね^^

試乗会での運賃は無料ですが、各発駅までの往復交通費は実費です!

また途中下車は出来ません。

新幹線試乗会は非常に人気が高く、過去の当選倍率を見ても当選するのはドクターイエローに遭遇するチャンスよりも難しいかも(笑)

最近の当選確率のデータでは、

昨年2013年1月に秋田新幹線で実施された、E6系の試乗会では

募集定員:2600名

応募総数:20,702名

当選倍率:7.96倍

今年2014年2月に北陸新幹線で実施された、E7系の試乗会では

募集定員:3500名

応募総数:214,306名

当選倍率:61.23倍

と、ものすごい人気でした(^^;;

新しい新幹線と、自分たちの街に新たに広がる可能性への期待の大きさが伺えますね。

ただ一方その裏で、北斗星やトワイライトエクスプレスといった、一時代をけん引してくれた寝台特急が次々と姿を消していくことに寂しさを感じるのは私だけでしょうか(涙)

長年の夢であったリニア新幹線計画もいよいよ具体的に動き出し、0系新幹線開業以来のさらなる高速化の時代がやってきますね。

日本にとってさらなる経済の活性化と明るい未来が訪れることを期待して、この記事を終了とさせていただきます。

最後までご精読いただきまして本当にありがとうございました。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ