忽那汐里の出身地や英語、苗字のルーツやカメラの機種、個展は?

sponsored Link

オーストラリア出身の異色の女優、忽那汐里さん

出身地のシドニーキラニーハイツってどんなところ?

英語はやはりオージー訛りの英語でしょうか^^

忽那という珍しい苗字のルーツは?

無類のカメラ好きで、フィルムカメラを愛用されているようです。

メーカーや機種も気になりますね(^^;;

撮り溜めた写真の個展とかの予定はないのでしょうか?

 

忽那汐里さんの出身地ってどんなところ?英語はオージー訛り?

忽那汐里、出身地

 

オーストラリア生まれの帰国子女という珍しい肩書をお持ちの忽那汐里さん

女優になりたくて学校の休みに日本に来日したら本当に女優になれちゃったという強運の持ち主

まず最初に、そんな忽那汐里さんのプロフィールを見てみましょう。

忽那 汐里(くつな しおり)

忽那汐里

生年月日:1992年12月22日(21歳)

出身地:オーストラリア ニューサウスウェールズ州
    シドニー・キラニーハイツ

国籍:日本人

血液型:A型

身長:160cm

スリーサイズ:79-59-83cm

所属事務所:オスカープロモーション

2006年の学校の冬休みに、日本で女優になりたくて来日

オスカープロモーションの「全日本国民的美少女コンテスト」で審査員特別賞を受賞して芸能界入りを果たされました。

2006年ということは、忽那汐里さんはまだ14歳ですが、一人で日本に来たのでしょうかねえ?

ちなみに、オーストラリアは南半球なので、冬休みが日本の夏休みに相当するようです^^

2007年に武田鉄矢さんの看板ドラマ「3年B組金八先生」で文字通り、帰国子女の役を演じてドラマデビュー。

女優としての第一歩を踏み出されました。

高校は日本で堀越高等学校に通われたようですね。

大学にも進学されたようですが、仕事との両立ができず、大学より仕事を優先して中退されたようです。

忽那汐里さんは、正確には日系オーストラリア人の三世だそうです。

ルパン三世みたいでカッコイイ(^^;;

オーストラリアで育ちましたが、家庭では日本語で話していたようで、英語と日本語の両方を話せるバイリンガルだそうです^^

ただ、ご自分では完璧と思っていた日本語も、時々発音がおかしいと指摘されるようですよ。(笑)

日本に来日した時は日本とオーストラリアの二重国籍だったようですが、現在は日本国籍を選択されて帰化されました。

確か、20歳になるまでにどちらかの国籍を選択しないといけないんですよね!

ところで、忽那汐里さんの出身地のシドニー・キラニーハイツってどんなところでしょう?

シドニー自体はニューサウスウェールズ州の州都で、人口はオーストラリアの首都キャンベラよりも多くて、オーストラリア最大の街ですよね。

有名なオペラハウスとかがあって、2000年にはシドニーオリンピックも開催されました。

ただ、キラニーハイツで調べてもヒットしてくるものがありません。

唯一シドニー近郊ということだけはわかったので、シドニー市街ではなく、少し中心からは外れたところのようです(^^;;

せっかくご期待くださった方、申し訳ありません。

ハイツということは、住所ではなくアパートのような建物を指しているのでしょうかね?

それと、忽那汐里さんはオージーなので英語も堪能ですが、当然オーストラリア英語

英語や、米語とは違って、独特のオージー訛りとかはないのでしょうか?

私は英語は(と言うより日本語もまともではありませんが(汗))全くダメですが、英語に堪能な方と話をされると、違和感は無いのでしょうかね?

まあ私には聞いても、英語とオーストラリア英語の違いなどわからないので、次のコーナーへ行かせてもらいます(^^;;

 

忽那汐里さんの苗字のルーツは?

苗字、ルーツ

 

忽那汐里さんの苗字って、読めましたか?

ハッキリ言って私は読めませんでした(涙)

珍しい苗字ですよね。

日本に住んでいても、めったにお目にかかれない希少な苗字の方が、どうしてオーストラリアに住んでいらっしゃったんでしょうね。

もちろん、忽那家が日本からオーストラリアへ移住された理由は分かりませんが、忽那という苗字のルーツだけは調べてみました。

忽那さんという苗字の方は、愛媛県松山市の瀬戸内海に浮かぶ大小29個の島からなる忽那諸島に住んでおられた方がルーツになるようです。

そのうち有人島は、最も大きい本島と呼ばれる中島を含めて7島

平安時代から戦国時代にかけて、この忽那諸島を治めていたのが忽那氏だったので、この名前がついたそうです。

現在も忽那さんという苗字の方は、松山市に沢山いらっしゃるようです。

忽那汐里さんは三世なので、おじいちゃんが、愛媛県の松山市からオーストラリアのシドニーに移り住まれたのかもしれませんね^^

 

忽那汐里さんのカメラの機種は?個展の予定はないの?

sponsored Link

 

忽那汐里さんは大変なカメラマニアのようです。

と言っても、カメラコレクターというより、写真を撮ることが好きなんだと思います。

忽那汐里さんは、コンパクトデジカメなどのいわゆる「バカチョンカメラ」ではなく、本格一眼レフで写真を撮られるようですね。

しかも今ではマニアックな、フィルム写真。

いわゆる銀塩写真というやつですね^^

これはかなり古い情報なので、今はもっと最新式のカメラや、デジタルカメラを使われていると思いますが、忽那汐里さんが以前使われていたカメラの機種はキャノンのAE-1だそうです。

カメラ、キャノンAE-1

この機種は、AF(オートフォーカス)ではなく、自動露出マニュアルフォーカスの一眼レフカメラ

ちょっと、バカやチョンでは使いこなせないような気がしますので、やはり相当カメラが好きなんでしょうね(笑)

そうなると、実際に撮り貯められた写真の枚数も相当なもので、作品も素晴らしいのではないでしょうか?

せっかくなので個展とかは開かないのでしょうか^^

少し調べたところ、過去に忽那汐里さんを被写体にした写真展は開催されていました。

また、他の方と一緒に撮影旅行をされたようで、その方の個展などは開かれているようです。

ぜひ今度は、「忽那汐里の世界展」のような個展を開催して欲しいですね^^

今回は、オーストラリア出身の異色の女優、忽那汐里さんの出身地や苗字のルーツ

お使いになっていたカメラの機種や、個展を開いたことがあるのか?
といったことを見てきました。

忽那汐里ファンのあなたのお役に少しでも立てたなら幸いです。

最後までご精読いただきましてありがとうございました^^

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ