岩出玲亜はノーリツ所属の可愛い10代最速ランナー!東京五輪の星

sponsored Link

2015年3月8日(日)開催の名古屋ウィメンズマラソン!

この女子マラソン大会に昨年の横浜国際女子マラソンで、日本女子の10代最速記録をたたき出して3位でゴールインした岩出玲亜選手も初参戦!

現在は愛知県の豊川高等学校を卒業後、実業団のノーリツに所属

この可愛い10代最速ランナーは、間違いなく2020年に開催される東京オリンピックの期待の星です^^

今回は岩出玲亜選手のプロフィールや個人記録なども振り返りながら、岩出選手をご紹介してみたいと思います。

 

日本女子マラソン10代最速ランナーの岩出玲亜選手

岩出玲亜、10代最速

 

いよいよ今週末に迫った名古屋ウィメンズマラソン!

2015年3月8日(日)に開催される今回の名古屋ウィメンズマラソンは、通算4回目の大会になります。

この第4回名古屋ウィメンズマラソンに準地元とも言える三重県出身の期待のランナーが出場します。

彼女の名前は岩出玲亜選手

岩出玲亜選手は、昨年2014年の11月に開催された横浜国際女子マラソンが初めてのフルマラソンでした。

その時に記録したタイムが2時間27分21秒

横浜国際女子マラソンでは終盤までトップ争いを演じ、惜しくも3位に終わりました。

しかし岩出選手自身、初めてのフルマラソンで3位になる好走を見せました。

そして叩きだしたタイムが、日本女子マラソンの10代女子日本最速タイムという偉業まで達成してしまいました^^

ハーフマラソンでもジュニア女子日本記録を持つ可愛い10代最速ランナーの岩出玲亜選手

次のコーナーではそんな岩出玲亜選手のプロフィールや個人記録などに迫ってみたいと思います。

 

岩出玲亜選手のプロフィールや個人記録!

岩出玲亜

 

今週末に開催される第4回名古屋ウィメンズマラソンがフルマラソンでは2回目の出場となるフレッシュで可愛い岩出玲亜選手

 

名古屋ウィメンズマラソンと言えば、第2回大会で優勝している木崎良子選手!

昨年の第3回大会でも3位と相性抜群の日本のエース、木崎良子選手の参戦も決定していて、女王木崎選手対岩出選手をはじめとする若手との対決に期待が高まっています。

 

木崎良子選手や名古屋ウィメンズマラソンの詳細はこちらの記事をどうぞ!

 

日本女子マラソン10代最速となった岩出玲亜選手も現在は20歳になり、今年は成人式も迎えられました。

 

そんな岩出玲亜選手について、ここで少しプロフィールをまとめてみたいと思います。

【岩出 玲亜(いわで れいあ)】

出身地:三重県一志郡一志町(現、津市一志町)

生年月日:1994年12月8日

2015年3月現在の年齢は20歳

身長:154cm

体重:42Kg

学歴:津市立一志中学校(三重県)

   豊川高等学校(愛知県)

所属実業団:ノーリツ

 

岩出玲亜選手の母校でもある一志中学校は、あの女子レスリングオリンピック3連覇の偉業を成し遂げた吉田沙保里選手の母校としても有名!

 

また、豊川高等学校は私立の男女共学校で、宗教色の強い学校のため週1回宗教の授業があるのが特色。

一方駅伝の強豪校でもあり、女子駅伝部は2006年に創部

クラブ2年目の2007年には早くも全国高等学校駅伝競走大会で上位入賞し、その後創部3年目で初優勝!

2013年までに史上最多の4回の優勝を果たしています。

岩出玲亜選手も2年生で参加した第23回大会では優勝に貢献しています。

 

岩出玲亜選手の各個人記録は以下の通りです。

・ 3,000m: 9分13秒30

・ 5,000m:15分46秒37

・10,000m:33分46秒12

・ハーフマラソン:1時間 9分45秒(ジュニア女子日本記録)

・ フルマラソン:2時間27分21秒(10代女子日本記録)

岩出玲亜選手が、今週末に自身2度目となるフルマラソンでどんなタイムを出してくれるか本当に楽しみです^^

 

岩出玲亜選手は2020年東京五輪期待の星

sponsored Link

 

2020年に開催される2度目の東京オリンピック

既に着々と準備が進められているようで、日本人だけでなく世界が注目するスポーツの祭典が母国日本で開催されることが誇らしく感じます^^

オリンピックにおける日本女子マラソン選手が獲得したメダルは計4個

・1992年バルセロナ大会:有森裕子さん(銀メダル)

・1996年アトランタ大会:有森裕子さん(銅メダル)

・2000年シドニー大会 :高橋尚子さん(金メダル)

・2008年アテネ大会  :野口みずきさん(金メダル)

以上のような輝かしい歴史があるとともに、2008年の北京大会、2012年のロンドン大会では今ひとつ日本人ランナーは奮いませんでした(涙)

 

現在20歳になったばかりの岩出玲亜選手は2020年東京オリンピック開催時には25歳と体力、経験共に最も期待できる年齢で迎えることが出来ます。

2020年東京オリンピック

 

まさに東京オリンピックにおける日本女子マラソンの期待の星の一人であることに間違いないでしょう。

もし岩出玲亜選手が東京オリンピックで優勝し、金メダルを獲得することになれば、母校の一志中学校は吉田沙保里選手と並ぶ、2人目のオリンピックチャンピオン誕生になり、地元の期待も非常に大きいのではないでしょうか!

まずは今週末の名古屋ウィメンズマラソンで好成績を残し、北京国際マラソンへの参加を決め、そして国際大会での初表彰台を目指して欲しいものですね^^

 

それでは最後までお読みいただきまして本当にありがとうございました。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ