木崎良子の画像と年齢や身長にカップ!父や結婚した旦那に子供は?

sponsored Link

世界最大規模を誇る女性だけのフルマラソンとして定着した名古屋ウィメンズマラソン!

今年も期待の選手が数多く参戦しますが、その中でも日本期待のエースは何と言っても木崎良子選手。

注目の集まる木崎良子選手の年齢や身長にカップといったプロフィールを再確認!

更には同じくアスリートだったお父さんや、結婚された旦那さん。

そして子供は生まれたの?といったご家族の情報も確認してみたいと思います。

 

木崎良子選手も出場する名古屋ウィメンズマラソン!

木崎良子選手、名古屋ウィメンズマラソン優勝

 

今年も間近に迫った名古屋ウィメンズマラソン!

日本期待のエース、木崎良子選手も出場するこのマラソン大会をほんの少しだけおさらいしておきたいと思います。

名古屋ウィメンズマラソンの最大の特徴は、なんといってもその名前の通り女性ランナーのみが参加するシティマラソン大会であること!

またその規模も世界最大規模を誇るフルマラソンです。

2015年の今大会は、今週末3月8日(日)にメインレースの名古屋ウィメンズマラソンがナゴヤドームからスタートします。

名古屋ウィメンズマラソン2015

 

名古屋ウィメンズマラソンは、従来の名古屋国際女子マラソンを2012年に「世界最大の女子マラソン」を目指してリニューアルされたもので、実際に、2012年の大会には13,114人のランナーが参加されました。

その結果ギネス世界記録に認定され、名実ともに「世界最大の女子マラソン」となっています。

そして今年2015年の大会には18,000人のランナーが参戦を表明されているようで、過去最高の盛り上がりを見せています。

この大会は、世界大会へ出場の日本代表選手選考会も兼ねていて、第2回大会となった2013年のレースを制した木崎良子選手は世界陸上モスクワ大会の日本代表に選ばれています。

第4回目となる2015年大会の見どころは、エースの木崎良子選手に加え、若手の活躍に期待が集まっています。

昨年2014年の大阪国際マラソンで大学生日本記録を塗り替えた前田彩理選手

同じく昨年2014年の横浜国際マラソンで10代の日本最高記録を樹立した岩出玲亜選手など期待の集まるフレッシュな選手も多数参戦を予定しています。

その他にも早川英里選手、伊藤舞選手、渋井陽子選手など日本女子マラソンを代表する中堅・ベテランなどオールスターによる熱戦が繰り広げられる2015年の名古屋ウィメンズマラソン!

早くも名古屋市内は熱気を帯びているようですよ^^

 

10代最速で名古屋ウィメンズマラソンにも初参戦となる岩出玲亜選手の情報はこちら!

 

 

日本のエース、木崎良子選手のプロフィールは?

木崎良子、名古屋ウィメンズマラソン

 

2013年の第2回名古屋ウィメンズマラソンで優勝し、世界陸上モスクワ大会への参加切符を手にされた木崎良子選手

モスクワ大会での結果は、3位銅メダルを獲得した福士加代子選手に次ぐ4位の好成績でした。

更に昨年2014年の第3回名古屋ウィメンズマラソンでは、惜しくも優勝には手が届きませんでしたが、日本人最上位の3位と検討し、韓国で開催された仁川アジア大会への代表切符を手に入れました。

そして臨んだ仁川アジア大会では、バーレーンのキルワ選手にわずかに届かず2位という結果でしたが、それでも堂々の銀メダルを獲得されました。

木崎良子選手、仁川アジア大会

 

ここで簡単に木崎選手のプロフィールをご紹介しておきたいと思います。

【木崎 良子(きざき りょうこ)】

出身地:京都府与謝郡与謝野町

生年月日:1985年6月21日

2015年3月現在の年齢は29歳

身長:157cm

体重:46Kg

カップ:推定Dカップ

血液型:O型

学歴:京都府立宮津高等学校

   佛教大学社会福祉学部社会福祉学科卒業

所属:ダイハツ工業

木崎良子

 

フルマラソン初出場:2010年1月31日の大阪国際女子マラソン(6位)

フルマラソン初優勝:2011年11月20日の横浜国際女子マラソン(優勝)

《自己ベストタイム》

・ 1,500m: 4分23秒36

・ 3,000m: 9分18秒60

・ 5,000m:15分22秒87

・10,000m:31分38秒71

・ハーフマラソン:1時間10分16秒

・フルマラソン :2時間23分34秒

木崎良子選手は自身の2勝目を名古屋ウィメンズマラソンであげており、この時の優勝タイムがフルマラソンでの自己ベストタイムと名古屋ウィメンズマラソンとの相性もバッチリ!

木崎良子選手

 

今週末のレースにも期待したいですね^^

 

木崎良子選手のお父さんや旦那さんなどご家族について!

sponsored Link

 

木崎良子選手は2004年の佛教大学1年次に駅伝大会のレギュラーメンバーに入り頭角を現します。

そして2007年の大学4年次には全日本大学女子選抜駅伝競走大会で1区を任され区間賞を獲得!

惜しくも優勝にはなりませんでしたが、準優勝に貢献されました。

 

そんな木崎良子選手が陸上競技を始められたのは木崎選手のお父さんの影響が大きかったのだと思います。

木崎良子選手のお父さんは、お名前が木崎和夫さん

駅伝の強豪校でもある順天堂大学を卒業されていて、お父さんも大学駅伝の選手でした。

既に新年の恒例行事でもある箱根駅伝競走!

木崎良子選手のお父さんはこの箱根駅伝に順天堂大学のレギュラーメンバーとして1年次から4年次まで4年連続4回の出場を果たされています。

お父さんは大学卒業後本田技研工業に入社。

実業団ランナーとしてフルマラソンにも参加され、2時間19分台の記録も出されています。

ただ、大学生時代に痛めたアキレス腱の影響もあって思うように成績は伸びなかったようです。

それでも40歳まで現役を続けられ、娘さんの木崎良子選手が陸上を始められた高校生の時からは、先輩ランナーとしてフォームの改善などのアドバイスや身体マッサージなどに携わり、娘さんを日本代表選手にまで育て上げられました。

 

一方、木崎良子選手は2012年の12月に結婚をされています。

旦那さんは陸上選手ではなく公務員をされている男性です。

木崎良子選手と旦那さんは、木崎選手がまだ京都の宮津高等学校へ通っていた頃からのお付き合いで、およそ10年間にも及ぶ交際の末にゴールテープを切られました^^

恐らく旦那さんも木崎選手と同じ高校の同級生か何かではないでしょうか(^^;;

しかし、せっかく結婚されましたが、木崎選手は陸上に集中するためにダイハツ陸上部の寮に残ってトレーニングに励むなど、新婚生活を楽しんでいる余裕はないようです。

したがって、まだ子供はできていないようで、今回の名古屋ウィメンズマラソンへの出場もママさんランナーではありません^^

とは言っても木崎良子選手も今年の6月に30歳の誕生日を迎えられます。

旦那さんも寂しい思いをされていることだと思いますし、今週末の名古屋ウィメンズマラソンでは、見事世界陸上北京大会の切符をもぎ取り、北京で表彰台に立った後は、子供のことも計画してもいいのではないでしょうか^^

旦那さんも、そしてお父さんの和夫さんも初孫の顔を楽しみに待っていらっしゃるはずですからね^^

それでは木崎良子選手の今週末のご検討をお祈りして、本記事を閉じたいと思います。

 

最後までご一読いただきましてありがとうございました。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ