水沢エレナはポスト上野樹里、韓国デビューK-POP転向はない?

sponsored Link

フジテレビドラマ「すべてがFになる」で、俄然注目の水沢エレナさん

以前の事務所の先輩、上野樹里さんを目標としていて、ポスト上野樹里と期待されていました。

歌手になりたい希望が通らなかったので、事務所を変更したとの噂もありますが、韓国人ハーフの水沢エレナさん

韓国デビューで、K-POP転向なんてことはないですかね?

 

水沢エレナさんのプロフィール

水沢エレナ

 

現在、22歳の水沢エレナさん

しかし、ファッションモデル時代から通算すると芸能界での経歴は意外にも長いです。

現在好評放送中のフジテレビドラマ「すべてがFになる」で、国枝桃子役でも出演されていて、注目度も急上昇中!

ここで改めて、水沢エレナさんのプロフィールをおさらい^^

水沢エレナ

改名前:各務 英礼奈(かがみ えれな)

水沢エレナへの改名前のお名前ですが、こちらが本名なのかどうかは分かりません(^^;;

愛称:エレナ

生年月日:1992年3月21日(22歳)

出身地:愛知県名古屋市

各務という名前から岐阜県のご出身かと思っていました^^

血液型:AB型

身長:170cm

股下:83cm

脚が長いんですね^^

スリーサイズ:80-57-85cm

カップサイズ:B

靴のサイズ:24.5cm

現所属事務所:オスカープロモーション

学歴:日出中学校・高等学校卒

もう中学校はすでに名古屋を離れて、東京の学校へ通われていたんですね。

ご家族:父(日本人)、母(韓国人)、紅(愛犬)

一人っ子だそうです

犬は大丈夫そうですが、猫アレルギー。キウイフルーツもアレルギーみたいです(^^;;

Perfumeのファンで、女優としての目標は、ポスト上野樹里さん

2003年:小学館の雑誌「ちゃお」の「ニーナを探せ!!モデルオーディション」でニーナ賞に輝く

11歳でモデルとしてデビューされたんですね。

現在22歳なので、ちょうど人生の半分を芸能界で活躍されているんだ!

2007年にはBS-iのドラマ「恋する日曜日 卒業~春の嘘」で女優にも挑戦

2008年、「東京少女 水沢エレナ」で連続ドラマ初主演

 

 

自分の名前がドラマタイトルに入っているなんてスゴ~イ^^

2011年まで5年間専属モデルを務めた「Seventeen」を卒業
「non-no」の専属モデルに転向

2013年、「non-no」の専属モデルを卒業を機に、「アミューズ」を退社
「オスカープロモーション」に転属

現在は、小学館の「Oggi」専属モデル

ファッションモデルとして活躍しながら、女優としても、アミューズ所属時代に2本、オスカー移籍後に1本の劇場映画に出演されています。

また、テレビドラマでも、ドラマの方の主人公を水沢エレナさん、映画版を新垣結衣さんが主演されたことで話題になった「恋空」

オスカー移籍後の「戦力外捜査官」や、現在好評放送中の「すべてがFになる」になるなど、数々の話題作に出演されています。

 

水沢エレナの事務所移籍

水沢エレナ、恋空

 

水沢エレナさんは、当初株式会社アミューズという芸能プロダクションに所属されていました。

株式会社アミューズといえば、上野樹里さんや、サザンオールスターズなど、多くの有名タレント・ミュージシャンを抱える大手の芸能プロダクションです。

上記のプロフィール欄でも少しご紹介しましたが、2008年には「東京少女 水沢エレナ」と、ご本人の名前を冠したドラマが放送されるなど、事務所としても期待の高さが伺えるタレントさんだったことでしょう。

事実、ドラマのプロデューサーさんも、同事務所の先輩でもあった、上野樹里さんを例えに出し、「近い将来、ポスト上野樹里と呼べるようになる」とおっしゃったそうです。

水沢エレナさん自身も、目標とする女優さんに上野樹里さんを挙げていらっしゃいました。

ただ、一部では、同じ「恋空」をテレビドラマの主役では水沢エレナさん。

劇場版映画では新垣結衣さんが演じられたことから「ポスト新垣結衣」と期待されたこともあったようです。

そんな水沢エレナさんが、突然、昨年2013年に株式会社アミューズを退職されました。

一時は芸能界引退か?と危惧されましたね。

しかし、直ぐに現在所属のオスカープロモーションに転属されています。

この移籍の原因はいろいろと取り沙汰されています。

主なものは、恋愛禁止のアミューズで、ジャニーズのタレントさんと恋愛関係にあったのでは?

しかも一人ではなく、同時に二股を掛けていたのではないか?というものです。

ただ、あくまでも推測の範囲で、確証はありませんのでこの記事では相手のタレントさんのお名前は控えさせていただきます(^^;;

どちらかと言うと、上記の「恋愛」説よりも、水沢エレナさんが女優だけでなく、歌手としても活躍したい」と事務所に申し出たが受け入れられなかったというのが原因のようです。

そうしてオスカープロモーションに移籍を決意された水沢エレナさん

私の知る限りでは、今はまだCDデビューはされていないようなので、事務所移籍が正解だったのかどうかは今後の活躍を見守るしかありませんね^^

ポスト上野樹里と期待して育てていたアミューズにしてみれば「逃げた魚は大きかった」かも知れませんが(^^;;

 

韓国芸能界に移籍して、K-POPの道は?

sponsored Link

 

水沢エレナさんは、お母さんが韓国の方。

水沢エレナさんご自身も多少なりとは韓国語も話せるそうです。

そうなれば、ひとつの選択肢として韓国芸能界へ移籍という線は考えられないでしょうか?

水沢エレナさんはまだ22歳

女優も続けたいが、どうしても歌の道も捨てきれないのであれば、K-POP歌手として転身というのもひとつの選択肢かもしれませんね。

日本では、一時期ほどK-POP歌手は持て囃されなくなったかもしれませんが、それでも「KARA」や「東方神起」など根強い人気を誇るグループは沢山存在します。

水沢エレナさんも、韓国でK-POP歌手としてデビューして、日本と韓国の橋渡しをしてくだされば、水沢エレナさん自身の人気だけでなく、再び日本でK-POP人気に火が付くかもしれませんよ。

少なくとも水沢エレナさんには、日本と韓国の両方の選択肢があることには間違いないので。

あなたはどう思われますか?

最も私の本音は、近い将来日本でCDデビューして、日本人シンガーとして活躍してくれることを祈っていますが^^

私の妄想話に最後までお付き合いいただきまして本当にありがとうございました。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ