ひな祭りの由来と桃の花や菱餅を飾る意味!雛人形の片付方の一工夫

sponsored Link

今年ももうすぐ3月3日のひな祭りがやってきますね^^

ひな祭り自体の由来や、ひな壇に飾る桃の花や、菱餅などそれぞれに意味や由来があります。

日本の伝統を後世に正しく伝えるためにも、少し歴史も勉強してみたいですね。

また、雛人形は出して飾る時よりも、片付けて仕舞う時の方が意外と面倒!

どの人形をどこへ片付けるんだった?

そんな困ったを解消する我が家の一工夫もご紹介します。

 

おひな祭りの起源や由来を後世にも伝えたい

ひな祭りの由来

 

3月3日は桃の節句とも呼ばれるひな祭り

今年ももうすぐおひな祭りがやってきますね。

女の子の健やかな成長を願うひな飾りですが、元々のひな祭りの由来はご存じですか?

日本の伝統行事のほとんどが中国から伝来していますが、ひな祭りも元々のルーツを辿ると、3世紀ころの古代中国の風習から始まっていると言われています。

中国では季節の変わり目には災いをもたらす邪気が家や体に取り付きやすいと考えられていました。

中でも3月の一番最初の巳の日(上巳:じょうみ)には、水辺で禊(みそぎ)を行って身を清めていたそうです。

やがてその禊の儀式が遣唐使によって日本にも伝わり、日本の神事として継承されるようになります。

最初は天皇をお祓いするための神事でしたが、平安時代になると宮中行事へと広まり、自分に取り付いた厄を落とすために「上巳の祓い」として、草木や紙で作った人形(ひとがた)で自分の体を撫でて、穢れ(けがれ)を人形に移して川や海に流すようになりました。

これが「流し雛」の始まりと言われています。

流し雛

そうして始まった宮中行事が、次第に武家社会にも広がっていきます。

最初は3月の一番最初の巳の日に行われていて儀式でしたが、室町時代に入ると、3月3日に固定されるようになります。

3月3日というのは、桃の節句と言われるように、桃の花の開花時期にあたり、桃の花には邪気を払う効果があると考えられていたためです。

桃の花

江戸時代になると、徳川幕府によって1年の重要な年中行事「五節句」の一つに設定され、それまで男女の区別のなかった「上巳の節句」を女の子の節句、5月5日の「端午の節句」を男の子の節句として区分されるようになりました。

ただ、流し雛として穢れを禊ぐために川や海に流してしまう人形は非常に簡素なものだったと考えられています。

これとは別に、平安時代の宮中で女の子の間で「ひいな遊び」と呼ばれる人形を使った遊びが流行ったそうです。

この流し雛とひいな遊びの人形が融合したものが、現在の雛人形の原型と言われています。

その後、人形を専門に作る人形職人が現れ、宮中の暮らしを再現した現在のような立派なひな人形が作られるようになります。

するとひな人形は流すものから飾るものに変化し、女の子の嫁入り道具として婚礼道具などをマネた道具なども飾らるようになります。

更にはその家の財力を表す象徴として段々豪華になり、最初はお内裏様とお雛さまだけだったものが、現在のような7段飾りなどになっていったそうです。

ひな飾り

当初はお嫁入り前の若い女性の行事だった上巳の節句ですが、女の子の赤ちゃんが生まれると、その子の災いを払うためにひな人形を用意し、美しい娘へ育つようにとの親の願いを託すようになっていきました。

これが、現代にも伝わる「初節句」として継承されているのですね。

 

ひな飾りにどうして桃の花や菱餅が飾られるの?

菱餅

 

それでは、ひな飾りに桃の花や、菱餅などを飾るのはどうしてでしょう?

 

桃の花は先ほども説明させていただいたように、上巳の節句の頃に桃の花が開花時期を迎えることと、桃の花自体に邪気を払う効果があると信じられていたためですね。

 

菱餅を飾る起源も中国からやってきたものです。

昔、中国のある村には毎年龍がやってきて村を荒らしていたそうです。

困った村人たちは、毎年龍がやってくる度に村を荒さない代わりに娘を一人差し出して、龍の怒りを鎮めていたそうです。

ある時、旅の武将がこの村を訪れ、村人が宿と食べ物を提供し、龍の話をしたそうです。

そこで、この旅の武将が龍が現れるのを待ち、龍に向かって「菱の実」を投げて退治したそうです。

菱の実

それ以降村に龍が現れることがなく、娘も生贄にされることがなくなったという昔話があるそうです。

このお話が起源となって、菱の実は邪気を払い、女の子を守ってくれるものということから、菱型のお餅をお供えすることによって災いを取り除くというふうに変化していったようです。

こうして調べてみると、何にでも本当に歴史や由来、意味があり、日本の伝統の奥深さを感じますね。

 

ひな人形の片付け方の一工夫

sponsored Link

 

ひな人形って出す時よりも、片付ける時の方が大変なことってありませんか(笑)

飾る時には余裕がありますが、片付ける時にはひな祭りが終わったら直ぐに仕舞わないと娘の婚期が遅れるといった言い伝えがあります。

これには根拠は無いようで、いつまでも人形を飾っておくと来客があった時にダラシなく感じられたり、日本の家は狭いので、早く片付けるためにそうした都市伝説のような話がひとり歩きし始めたようです。

しかし、子を思う親の気持ちとしては、万が一娘の婚期が遅れては困ると、ひな祭りが終わると直ぐにお内裏様だけは後ろを向けたりしますよね(笑)

我が家は雛人形を買った時に、一番最初に人形屋さんがひな壇を飾ってくれました。

そのため、片付けようと思った時にどこにどの人形が入っていたか分からずに苦労した覚えがあります。

雛人形、片付け

そのため我が家では収納した状態を一つ一つデジカメで撮って空箱に貼ってあります^^

お人形はそれぞれに大小や、立ち雛、座り雛などがあって、元の箱に収納しないと片付けられなくなるため、こうしてどの人形をどこに片付ければよいかを表示しました。

防虫剤や除湿剤、お人形を包む紙などについては他のサイトでも詳しく解説されていますので、我が家の片付の一工夫を参考までに紹介してみました^^

以上、ひな祭りにまつわるウンチクを少し語ってみました。

あなたのお宅ではもうお雛さまは飾られていますか?

最近は、お内裏様とお雛さまがケースに入ったコンパクトなものが人気のようですね。

お人形の大小にかかわらず、子を思う親の気持ちは同じですから、娘さんの健やかな成長を願って、楽しいひと時を過ごしたいものですね^^

それでは失礼致します。

この記事の一文でもあなたのお役に立てれば幸いです。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ