青木定治の名古屋店舗の場所とマカロンの値段や雨宮塔子と離婚原因

sponsored Link

日本にマカロンというお菓子を広めたパティシエの青木定治さん

単身フランスに渡り、現在は世界を代表する名パティシエになられました。

日本に5店舗あるというお店の名古屋店の場所や、マカロンなどの値段も調べてみたいと思います。

また、現在離婚協議中と言われている奥さんの雨宮塔子さんとの破局の原因なども気になります。

 

パティスリー・サダハル・アオキ・パリの青木定治さん

パティスリー・サダハル・アオキ・パリ

 

愛知県名古屋市出身で、日本を代表する名パティシエの青木定治さん

もはや世界を代表すると言っても過言ではないのかも知れません!

 

青木定治さんは、1968年7月1日生まれで現在46歳

1991年に21歳で単身フランスのパリに洋菓子の修行のために渡られ、1998年にはパリに初めてのアトリエを開設するまでになられました。

その後、研鑽を重ねられお店を拡張

2001年にはブティックも開設され、2005年には東京の丸の内に日本初の店舗も開かれました。

現在では、パリに4店舗、日本に5店舗、そして台湾にも2店舗を構える人気スイーツ&ショコラのお店「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」のオーナーシェフパティシエとしてご活躍中です。

 

青木定治さんの名古屋店舗はどこに?マカロンなどの値段は?

青木定治、ショコラ

 

青木定治さんといえば「マカロン」というお菓子を広く日本に認知させた方としても有名です。

 

また、日本のみならずパリでも数々の輝かしい賞を受賞され、世界最大のチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」でも最優秀賞を獲得されるなど、世界一級のパティシエです。

 

そうなると是非とも青木定治さんのお店のお菓子を食べてみたくなりませんか?

青木定治さんが現在日本に展開しているお店は5店舗あるそうです。

東京に4店舗を開設された後、青木さんの出身地である名古屋にも1店舗をオープンされました。

東京の4店舗は以下の通り

・丸の内店

・新宿伊勢丹店

・東京ミッドタウン店

・新宿ヒカリエ

そして最も後発で開店したのが名古屋の店舗

場所はJR名古屋タカシマヤで、2013年9月にオープンしています。

JR名古屋タカシマヤはJR名古屋駅の前

住所は、愛知県名古屋市中村区名駅1丁目1番4号

 

続いて気になるお菓子の値段ですが

・看板商品のマカロン6個入り:1,900円

・ケークショコラ ア ロランジュ:4,120円

・ボンボンショコラ6個入り:2,484円

・プティボワット:3,240円

「マカロン」「ケーキ」「チョコレート」「焼き菓子」の各コーナーから代表的なものを1品ずつ選んでみました。

 

お近くに店舗のない方は、通販でも購入できるようです。

下の画像をクリックすると、パティスリー・サダハル・アオキ・パリの公式オンラインショッピングサイトに入れます。

 

青木定治、マカロン

 

お気に入りの一品を見つけて、お友達やご家族と楽しい時間を過ごされてはいかがですか^^

 

妻、雨宮塔子さんと離婚危機の原因とは

sponsored Link

 

青木定治さんの奥様は、元TBSのアナウンサーで、現在はフリーアナウンサーとしてご活躍中の雨宮塔子さん

 

雨宮塔子

 

お二人の出会いはパリ

雨宮塔子さんが、雑誌のお菓子の取材をするために紹介されたのが青木定治さんだったそうです。

そしてお二人は2002年の12月にご結婚されました。

2003年には長女が、2005年には長男が生まれ、1男1女の二人のお子さんにも恵まれて、一家でパリにお住いでした。

 

ところが現在、青木定治さんと雨宮塔子さんは離婚の危機にあるそうです。

 

離婚といえばこの方も

最近好感度ママタレとして人気復活中の菊池桃子さん

 

12年間に渡り幸せな結婚生活を築いてこられましたが、青木定治さん、雨宮塔子さんともに日本とフランス、時には台湾と忙しく飛び回る生活。

そのため、すれ違いの生活が招いた溝が修復できなくなったというのが、表向きの離婚理由のようです。

 

その他ネット上には様々な憶測や推測の意見が散見されますが、いずれも確証のある離婚理由ではありません。

まさにご本人たちのみぞ知る

外野が勝手に騒いでも意味が無いので、その他の真相にご興味のある方は他の情報サイトをご確認ください(^^;;

 

青木定治さんも、雨宮塔子さんもどちらも離婚が成立してもパリに残るそうです。

そのためフランスの法律では、二人のお子さんの親権は両方に残るそうです。

やはり両親の離婚で一番犠牲になるのは子供ですから、お子さんのために一番よい選択をしてあげて欲しいものです(涙)

 

それでは、青木定治さんについての情報はこの辺にしたいと思います。

最後までお付き合いいただきまして本当にありがとうございました。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ