JJモデルのニコルは鉄道ファンで一体何鉄?好きな路線や大学は

sponsored Link

女性ファッション雑誌「JJ」の専属モデルのニコルさん

NHKの「ガールズクラフト」では手先の器用なところも披露してくれていますね^^

ニコルさんは鉄道ファンでもあるそうです。

アメリカからやって来たニコルさんが好きな日本の路線ってどこなのでしょう^^

ニコルさんは乗り鉄?撮り鉄?それとも音鉄?

一体何鉄か?

モデルを勤めながら通う大学も調べてみました。

 

女性ファッション雑誌「JJ」のモデル、ニコルさん

ニコル、JJモデル

 

ファッションモデルのニコルさんをご存知ですか?

そう、芸名に名字がなく、ただの「ニコル」さん

出身はアメリカ合衆国

お母さんが日本人で、お父さんがアメリカ人のハーフの女性

ウィキペディアにもあまり情報がなく、結構謎多き美女(^^;;

そのミステリアスなところがまた、ニコルさんの魅力なのかもしれません。

ニコルさんは1992年10月9日生まれで現在22歳

ニコル

アメリカ人のお父さんの血を引くニコルさんは、身長176cmと一般的な日本人男性とほぼ同じくらい。

その高身長で、抜群のプロポーションはまさしくモデル体型!

現在は女性ファッション雑誌「JJ」を中心に、数誌のファッション誌のモデルを努めていらっしゃいます。

ニコルさんがファッションモデルとしてデビューされたのは2007年

集英社さんの女性ファッション雑誌「MORE」がスタートでした。

ニコルさんが何歳で来日されたのかは分かりませんでしたが、モデルデビューした15歳の時には日本で生活されていたことだけは間違いなさそうです(^^;;

同じくJJモデルのダレノガレ明美さんの記事はこちら

 

そのニコルさん

2013年からはNHKの女性向けファッション番組「ガールズクラフト」にも出演中^^

この「ガールズクラフト」という番組

その名の通り、かわいいおしゃれアイテムを自分で手作りしちゃいましょうという番組なんです。

もちろん手作りなので「ONLY ONE」のアイテムが作れます。

ニコルさんが作り方を優しく手ほどきしてくれます。

放送は毎週水曜日の19:50~19:55

わずか5分の短い番組なので、手作りアイテムもそれほど難しい物はありません。

お友達に自慢できる、あなただけのオシャレグッズ作成に挑戦してみてはどうですか^^

 

ニコルさんは鉄道ファン!でも何鉄?好きな路線は?

丸ノ内線

 

ニコルさんの好きな男性のヘアースタイルは「マッシュルームカット」

そのため、好きな男性のタイプにバナナマンの日村さんをあげたようです。

一部では、ニコルさんが好きな男性は日村さんの様に騒がれていますね(^^;;

でもよく考えれば、ニコルさんは日村さんのようなマッシュルームカットのヘアースタイルが好きと言っているだけですよね^^

 

その他趣味や特技は、クラリネット、ギター、読書、音楽や映画の鑑賞

そしてアメリカ出身のニコルさんは英語も得意ですが、フランス語も話せるようです。

 

そしてなんと言っても、もうひとつの趣味が鉄道!

ニコルさんは最近じわじわ増えつつある女性鉄道ファンなんだそうです。

それではニコルさんは何鉄かというと、どうも乗り鉄のようですね^^

しかも好きな路線は東京の「丸ノ内線」

地下鉄のはずの丸の内線がある区間だけ地上に出る瞬間がたまらないそうです(笑)

丸ノ内線に乗って地上に出る瞬間に立ち会うと「来る!来る!来る!来た~~~!」と興奮しちゃうそうですよ^^

なかなかの鉄道ファンなんですね。

アメリカの地下鉄では経験できなかったからなのかな^^

 

ニコルさんは現役の女子大生!

sponsored Link

 

ファッションモデルで、乗り鉄のニコルさん

実は現役の女子大生なんです。

ニコルさんが通う大学は早稲田大学の国際教養学部

2012年に入学されているので、現在早稲田大学の3年生ですね。

ニコルさんの学ぶ国際教養学部の授業は全て英語なんだそうです。

でも英検1級を持っているニコルさんにとっては余裕かも^^

それよりも今は漢字に興味があって、読んでいる本も日本語の本ばかりだそうです。

今後は漢検にも挑戦したいそうですよ。

仕事も勉強も手抜きなしのストイックな性格のニコルさんなら、きっと漢検1級でも合格しちゃうんじゃないでしょうか?

これからはファッションモデルだけでなくて、テレビでその姿を見ることも増えてきそうなニコルさん

今から彼女のことを知っていると、友達に自慢できるかも(^^;;

今回は女性ファッション雑誌JJの専属モデル、ニコルさんについて鉄道ファンであることや、通っている大学の話などをまとめてみました。

最後までお付き合いいただきまして本当にありがとうございました。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ