SMAPが遂に宇宙デビュー?NASAの衛星の打ち上げ日と役割は

sponsored Link

SMAPの人気が遂に地球を飛び出し、宇宙にまで進出?

と言っても、実際に宇宙にデビューするのはアメリカ合衆国の人工衛星

NASAが打ち上げを予定している人工衛星SMAPの打ち上げ予定日と役割や運用方法はどのようなものなのでしょう。

 

SMAPが遂に宇宙にも進出?

宇宙旅行

新年早々、1月5日に壮大な計画が発表されました。

それは、SMAPが宇宙に打ち上げられるというもの。

昨年話題を呼んだイギリスの宇宙旅行会社「ヴァージン・ギャラクティック社」

アニメ「宇宙兄弟」で描かれているような厳しい訓練や、特別な知識も必要とせず、お金を払えば誰でも気軽に宇宙旅行を楽しめるというもの

このヴァージン・ギャラクティック社の宇宙旅行に使用する乗り物は、いわゆるペンシル型のロケットではなく、飛行機のような乗り物

これで、成層圏のはるか上空、地上100Kmのカーマン・ライン(国際航空連盟やNASAがこれより上を宇宙と定めた高度)を約4分間飛ぶことが出来るそうです。

その費用は日本円で、1人約2,500万円

既に日本人も19人が予約をしているそうです(^^;;

特別な訓練は必要なくても、やはり特別なステイタスを持った方でないと、まだまだ宇宙は遠いようですね。

かなり話が脱線してしまいましたが、SMAPのメンバーもこの19人に入っていたのでしょうか(^^;;

そうではなくて、SMAPを打ち上げるのはあのNASA

アメリカ航空宇宙局

しかも打ち上げ高度は、ヴァージン・ギャラクティック社の比ではなく高度685Km

そう!このSMAPは日本のジャニーズのアイドルグループ「SMAP」ではなく、NASAが打ち上げを計画している人工衛星の名前です^^

遂にSMAPも宇宙デビューかと期待したのですが、まだまだ宇宙でコンサートを開くには、もう数十年は掛かりそうですね(^^;;

もっとも、SMAPが仮に宇宙に進出できても、それを見に行けるファンは皆無に等しいとは思いますが(笑)

 

アメリカ航空宇宙局(NASA)が打ち上げ予定のSMAPとは?

人工衛星SMAP

アメリカ航空宇宙局(NASA)

言わずと知れた、アポロ計画で人類が唯一地球以外の星、月に有人着陸を達成させたり、再利用可能な有人宇宙船スペースシャトルを開発した、宇宙開発の最先端技術を持った組織

そのNASAが現在打ち上げを計画している「気象・地球観測衛星」の名前がSMAP

正式名称はSoil Moisture Active Passive」

この人工衛星の重量は1122Kg

運用高度:685Km

周期:98.46分

回帰日数:8日

運用目的:全球の土壌水分量の計測

設計上の寿命は3年

といったことが、基本的な仕様です。

 

SMAPの打ち上げ予定日や役割は?

sponsored Link

さて、この人工衛星SMAPですが、宇宙空間に投入される打ち上げ予定日はアメリカの現地時間で1月29日

予定時間は午前6時20分

アメリカ合衆国カリフォルニア州のバンデンバーグ空軍基地から、Delta-2ロケットを使って打ち上げることが計画されています。

SMAPの役割は、もちろん宇宙でコンサートを開くことではなくて、地球の全土壌に含まれる水分量を測ること(^^;;

SMAPには2台のマイクロ波測定器が搭載されていて、打ち上げ後は2日毎に地球の土壌の表面約5cmに含まれた水分量を計測します。

このデータによって干ばつの早期警戒警報に役立ち、作物の植え付け時期の調整や取水計画など、深刻な干ばつによる農業被害の軽減に役立つと期待されているようです。

昨年末には日本のJAXA(宇宙航空研究開発機構)が打ち上げた「はやぶさ2」も順調に航行を続けていて、少しずつ宇宙が身近な存在になりつつありますね。

1人の宇宙ファンとして、こういった技術が未来の地球に暮らす人達の生活を豊かにしてくれるといいですね^^

今回は、みなさんが聞き慣れた名前「SMAP」が宇宙に打ち上げられといった話題を拾ってみました。

最後までお読み頂いたあなたも相当な宇宙ファンですね^^

本当にありがとうございました。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ