鳥羽水族館(三重)のスナドリネコは雄?雌?生息地や習性に動画

sponsored Link

三重県の鳥羽市にある鳥羽水族館

日本ではここでしか飼育されていない「ジュゴン」

昨年2014年には6年間餌を食べていなかった「ダイオウグソクムシ」などで話題となり、全国的にも知名度の高い水族館です。

その鳥羽水族館が、1955年の開館から60周年を迎えることを記念して、なんと水族館に猫の展示を始めるそうです。

この猫の種類は「スナドリネコ」

鳥羽水族館に展示された猫は雄なの?それとも雌?

珍しい習性や生息地なども調べてみたいと思います。

 

鳥羽水族館のご紹介

鳥羽水族館 

三重県鳥羽市にある鳥羽水族館

キャッチコピーは「太陽系最大級の超水族館」

ちょっと大げさにも聞こえますが、その飼育種類の多さは日本一で、世界的に見ても引けを取らない大型水族館です。

敷地面積は24,537平方メートル

水槽の総容量は6,000トン

館内の見学通路の全長は約1.5Km

見学ゾーンを12に分け、約1,200種類の生き物30,000点が展示されています。

鳥羽水族館内

もちろん展示だけでなく、来館者に人気のアシカやイルカのショーも楽しみの一つですね。

鳥羽水族館は1955年(昭和30年)に開館

2015年の今年は、ちょうど開館60周年

その長い歴史の間には、

・ジュゴンの飼育で世界最長記録の11,475日

・オウムガイの飼育でも世界記録

・日本初のラッコの2世誕生に成功

など、数々の記録も打ち立てています。

また、日本では鳥羽水族館でしか見ることの出来ないジュゴンの「セレナ」

鳥羽水族館、ジュゴン

昨年残念ながら死んでしまいましたが、6年間で実に1,869日間も餌を食べずに生きていたことで有名になった「ダイオウグソクムシ」

カブトガニやオウムガイといった古代魚など珍しい生き物もたくさん展示されています。

そんな中、鳥羽水族館では開館60周年を記念して、ちょっと水族館とは縁のなさそうな生き物の展示を始められます。

その生き物とは「猫」

水族館に猫?

動物園じゃないの?

そんな疑問に次のコーナーでお応えしていこうと思います^^

 

鳥羽水族館にやってきたスナドリネコとは?

 スナドリネコ

鳥羽水族館では開館60周年を記念して、新たに「奇跡の森」という体験型新ゾーンがオープンします。

期待の新ゾーンのオープンは2015年3月21日

展示通路には吊り橋や、滝の裏をくぐるといった探検気分を味わえる企画もたくさんあるようです。

この新ゾーンでは生きたヘビやトカゲの仲間に触れることが出来るなど、体験型の企画もいろいろと検討されているようです。

そんな新ゾーン「奇跡の森」の目玉がなんと!「猫」

水族館に猫の展示とは驚きですが、この猫の種類は「スナドリネコ」と言って、とても泳ぎが上手なネコちゃん

名前の由来は「漁をする猫」

漁をする事を「漁(すなど)る」というそうです。

スナドリネコは英語で「Fishing Cat(フィッシング・キャット)」

まさに魚を捕まえて食べる猫なんですね。

 

スナドリネコの習性や野生の生息地は?

 スナドリネコ、習性

この珍しいスナドリネコ

一体どこからやってきたのでしょう?

野生でスナドリネコが棲息するのは

・スリランカ

・インド

・インドネシア

・マレー半島

・スマトラ島

・中国の南部

などアジアの温かい地域が生息地

魚が大好物で、自分で漁をするので、もちろん水辺に住んでいます。

猫の中の分類としてはベンガルヤマネコ属に属するため、野生のスナドリネコは非常に精悍な顔をしていますね!

スナドリネコ、精悍な顔つき

体の大きさは生息している場所でマチマチなようで、体長50cm台~80cm台

体重も5.5Kg程のものから、8.0Kgに達するものといろいろのようです。

体の色は灰褐色で、黒い斑点があります。

前足の指の間には、わずかに水掻き状の膜があって、スナドリネコの泳ぎの助けになっているようですね。

スナドリネコの一番の習性は何と言っても、自ら水の中に入って魚を捕って食べること!

 

 

魚の他にも、カエルやザリガニ、貝なども食べるようです。

そして何と言っても一番の特徴はその鳴き声!

どちらかと言えば「犬」に近いような鳴き声が特徴です。

お近くにお住まいのあなたや、伊勢神宮や鈴鹿サーキットなど、三重県にお越しの機会のある方はぜひ一度、生でスナドリネコをご覧になってはいかがですか?

 

鳥羽水族館で飼育のスナドリネコは雄?雌?名前は?

 

sponsored Link
 

最後に鳥羽水族館にやってきたスナドリネコの情報です。

どうやら鳥羽水族館で展示されるスナドリネコは成猫の雄と雌のつがいのようです。

うまく行けば、また2世の誕生も期待ができますね。

このネコちゃん達

まだ名前が無いようで、これから一般公募を募って名前を決めるようです。

お隣の愛知県名古屋市の東山動物園でもスナドリネコが飼育されていて、その動画が見つかりましたのでアップしておきますね^^

その独特の鳴き声をお確かめください。

 

 

最後に鳥羽水族館の基本情報です。

【鳥羽水族館】

〒517-8517

三重県鳥羽市鳥羽3-3-6

0599-25-2555

入館料金や営業時間などは以下の鳥羽水族館公式ホームページよりご確認ください。

 鳥羽水族館、案内

上の画像をクリックすると、鳥羽水族館のホームページが開きます!

 

スナドリネコ以外も珍しい生き物がいっぱいの鳥羽水族館

ご家族で楽しい時間が過ごせること間違いなしなので、一度来館されてみてはいかがですか^^

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ