満島ひかりはクォーター!夫、石井裕也の代表作や親と弟と歌唱力

sponsored Link

映画監督の石井裕也さんと結婚された満島ひかりさん

実はクォーターなんだそうです!

夫の代表作や、満島ひかりのご両親や姉弟など家族構成と歌唱力が抜群と言われる歌の実力なども見て行きましょう^^

 

満島ひかりさんはクォーター、夫は映画監督の石井裕也さん

満島ひかり

 

先日好評のうちに終了したTBSの連続ドラマ「ごめんね青春!」

満島ひかりさんも準主役ともいうべき、蜂矢りさ役で出演されていましたね!

蜂矢りさは、英語の先生でしたが、実は満島ひかりさんには外国人の血も流れているようです。

満島ひかりのお父さんですが、母親は日本人で、父親(つまり満島ひかりさんのおじいちゃん)がフランス系アメリカ人のハーフ

ということは、満島ひかりさんには1/4だけアメリカ人の血が流れているクォーターなんですよ^^

ハーフの方は見た目にも日本人離れした顔立ちの方が大半ですが、クォーターの方は言われないと分からないですね。

実際私も満島ひかりがクォーターだとは知りませんでした(^^;;

2010年に映画監督の石井裕也さんと結婚された満島ひかりさん

夫の石井裕也さんは2歳年上です。

女優さんの満島ひかりと映画監督の石井裕也さん

当然馴れ初めは映画で、2010年に満島ひかりさんが主演を務めた石井裕也監督作品「川の底からこんにちは」が出会いのきっかけだったようですね。

当然ですが、満島ひかりの現在の本名は石井ひかりさんです^^

 

夫、石井裕也監督の代表作品

満島ひかり、夫の代表作

 

満島ひかりの夫、石井裕也監督は埼玉県の出身ですが、大学は大阪芸術大学芸術学部映像学科を卒業されています。

また、日本大学大学院の芸術学研究科において映像芸術専攻修士課程も終了されています。

石井裕也監督の代表作ですが、何と言っても妻、満島ひかりさんとの結婚にもつながった「川の底からこんにちは」

この作品では、当時史上最年少(28歳)で、ブルーリボン賞監督賞を受賞されています。

また、2013年にアカデミー賞外国語映画部門日本代表作品にも選出され、日本アカデミー賞最優秀作品賞にも輝いた「舟を編む」

そして現在、2014年12月20日に劇場公開されたばかりの妻夫木聡さん主演の映画「バンクーバーの朝日」も好評のようですね。

この映画も、各賞受賞の期待が高まる映画です^^

 

満島ひかりさんのご両親や姉弟など家族構成

sponsored Link

 

満島ひかりさんは沖縄県沖縄市の出身

ご実家にはご両親と、ご姉弟がお住まいのようです。

父親は中学校の体育の先生で、クラブ活動ではバスケットボール部の顧問もされていました。

父親の名前は満島恵作さんとおっしゃいます。

お父さんは、バスケットボールに関しては名監督で、沖縄市立コザ中学校を全国大会優勝に導かれた実績を持っていらっしゃいます。

ただ、満島ひかりさんの実家の家計は相当苦しかったようです。

娘の芸能界での成功を応援していてくれたお父さんですが、税金を滞納して実家が差し押さえられてしまいます。

この事でやけを起こしたのか、お父さんが泥酔状態で車を運転し、事故を起こしたことで、教師も引責辞職されたようです。

そんなお父さんですが、どんなに苦しくても娘の満島ひかりさんを応援し続けてくれている優しいお父さんのようです。

そんなお父さんの応援に答える意味でも、満島ひかりさんも立派な女優になって親孝行しようと一生懸命努力されているようですね!

満島ひかりさんは4人姉弟の長女です。

下には2人の弟と、1人の妹がいます。

弟の1人は、姉の背中を追うように芸能界入りされて、俳優になられた満島真之介さんです。

NHKの連続テレビ小説「梅ちゃん先生」や「ドクターX~外科医・大門未知子~」など、多数の人気作品にも出演されています。

お父さんからのバスケットボールの指導もあり、スポーツは万能のようですね^^

また、自転車が趣味で、俳優になる前には7ヶ月間掛けて、自転車で日本一周もしていたようですよ!

今後も姉弟揃って芸能界で成功を収めて、応援してくれている実家のご両親に楽をさせてあげて欲しいものですね^^

 

満島ひかりさんの歌唱力が凄い!

満島ひかり、プライド

 

満島ひかりさんは、元々沖縄県出身の先輩、安室奈美恵さんに憧れて歌手を目指していました。

まだ沖縄アクターズスクール時代には「Folder」という7人組ユニットを結成し、シングル「パラシューター」は10万枚のセールスを記録しています。

その後メンバーが2人減って、「Folder5」に改名してからも、大人気アニメ「ONE PIECE」のオープニングテーマに「Belive」が採用されるなど、歌唱力には定評がありました。

その後、満島ひかりさんは歌手ではなく女優の道を進まれたため、その歌唱力は封印されてしまっていました(涙)

しかし、2008年に公開された映画「プライド」では、あの5オクターブの歌姫の異名を取る歌手のステファニーさんと共演

オペラ歌手を目指す音大の女生徒を演じたこの映画で、抜群の歌唱力を発揮されました。

 

 

これには夫になられた石井裕也さんや、弟の満島真之介さんも後に自慢話にするほどで、歌手を封印してしまうのは本当にもったいないですよね(^^;;

今後もミュージカルのような舞台で、その歌唱力を遺憾なく発揮してもらいたいものです^^

今回は、意外と知られていなかった満島ひかりさんがクォーターであることや、夫の石井裕也監督の代表作。

父親の満島恵作さんや、弟で俳優の満島真之介さんについてもご紹介いたしました!

最後には、満島ひかりさんが本当は歌手志望で、歌唱力が凄いといったことを記載させていただきました。

それではこの辺で失礼したいと思います。

最後までお読みいただきまして感謝申し上げます。

ありがとうございました。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ